2015年05月25日

【H27.5月】本質だけを押さえる

20150215120149(1).jpg

皆さんこんにちは!

今月の氣楽会でも横田先生から様々なお話をして頂きました。
その中で「本質を見る」というお話がありました。

本質を見る、という部分では、自分自身が未だに物事の本質を捉えられないことの方が多いように思います。
思考や感情に捉われると、視野が狭くなっていくことに気付かずに、枝葉だけを見ていた、ということがよくあります。
目で見て、耳で聴こえるこの現実が本物と思っていますが、自分の意識が選り好みしたものを、勝手に現実だと思い込んでいることもしばしばです。
幹だけ、本質だけ押さえておけばいいんだ、と教えて頂きますが、長年の思考や習慣から、ニュートラルに捉えることは難しいことです。

ムダな行動や習慣はないか?
無理ムダがないか?
ムダなエネルギーを使っていないか?

私自身、人の言葉だけに振り回されて右往左往し、ムダなエネルギーを使ってしまうパターンをよく繰り返します。現状をどうにかしないといけないと思い、ムダに動いて消耗してしまいます。
本質を捉えていれば、最小のエネルギー、最短距離で物事が運んでいくのですが、気付けばグルグル同じところを巡った挙句、進展なし、なんてことも。

しかしながら今年になってから私の気持ちの中でも、何かを変えていかなくては、変えていきたい、という思いが強くなっています。
今までの自分の思考回路や行動パターンに飽きた(笑)というところもあります。
自分自身で気付きを得ていくことがベストですが、今はまだ周りの方々の具体的なアドバイスやヒントがあって、初めて行動に移せる状態です。

上手くいってる人もいっていない人も、より良く生きたい、という思いは本能の中にあると思います。
自分はどう在りたいか、と改めて考えていきたいと思います。

(かおる)
posted by 不思議の会ブログ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

【H27.5月】宇宙の承認なくしては生じ得ない

20150215110029(1).jpg

皆さんこんにちは!

今月の氣楽会では、「形」ということについてお話しして頂きました。
どのような「形」であっても、それが生じる為には宇宙の承認が必要であるという内容でした。


「形」というのは、人間であれば、分かりやすいのは身体の形であったり、在り方であったりですね。身体が大きい人もいれば、小さい人もいますし、毎日を何となく過ごしている人もいれば、目標を定めて努力している人もいます。

また、人間関係などの自分を取り巻く環境も「形」と言えると思います。

これらが全て宇宙の承認なくしては生じ得ないと考えると、今を如何に大切にできるか、更には、そこからどう向上していくかを考え、取り組んでいく必要があると思います。



今月の氣楽会では、日記を書き始めた方や、身体を絞るために断食をしている方の研究発表が印象的でした。
そこに至るまで様々な道を辿り、それぞれがそれぞれの目的でアクションを起こすわけですが、やはり共通しているのは、元を辿れば「向上したい」という思いが発心になっていることだと思います。

ただ、そう思っていても「形」で表現していなければ、それはそう思っていないことになるのが面白いところです。


私自身、来月の発表で何か「形」にして持って行ければと思い取り組んでいることもありますが、それがどのような「形」になるのかも、とても楽しみです。

宇宙の承認は下りるのでしょうか?・・・宇宙のせいにしてはいけませんね(笑)


また来月も宜しくお願い致します。


(みらい)

posted by 不思議の会ブログ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月05日

【H27.4月】不確定性を受け入れる

20150215120149(1).jpg

こんにちは。

今月の氣楽会では、沖縄や日本の神道にまつわるお話を聞かせて頂く中で、自分の在り方について改めて考えることができました。

横田先生のお話の詳しい内容は氣楽会の会報に譲るとして、お話を聞かせて頂いていると、横田先生の周りで生じる現象は常に必然の連鎖で、神意に満ちているように感じられます。

それは壮大で、会員の皆さんも驚くような内容の連続でしたが、横田先生は、現象自体のどうこう以上に、そのお話を通しても「不確定性を受け入れる」ことの大切さを改めて強調しておられたように思います。


私はここ二ヶ月くらいの間、自分が本当にしたいことは何だろうかとよく分からなくなっていました。

と言っても、何か現状に不満があったとかそういうことではなく、色々な世界に興味が沸いてきて、色々と模索していた感じです。

チャレンジしたことで氣楽会員の何方にもお話ししていないことも、実はあります(笑)

あれこれ考えて試してとやっているうちでも、ずっと思うことはありました。研究発表でお話しさせて頂いた内容がそうで、特にマイナスの思考はなく、意気込んでいました。

しかし、発表の内容に関して大きく注意を受けたわけではないのですが、横田先生のお話、また皆さんのお話を聞かせて頂きながら、自分は独りよがりな考え方をしていたなぁと、とても反省しました。

もちろん、どの状況でもマイナスの思考はないつもりで、今のところも有難いことに前向きな状態ですが、「ポジティブの方向性」も非常に重要であると感じています。

例えば、今の職場の人間関係に不満があれば、人間は自由意志を与えられていますから、その職場を離れるという選択もできます。

この時、大抵はその職場から離れる理由をポジティブな方向に見出そうとするでしょう(例えば、他に挑戦したいことが見つかった!等)。これも選択だと思います。

しかし、本当に正しい選択は、不満に思う人間関係を良いものに変えようと決心することだったりします。

仮にその時は不満から目を背けるという選択をしたとしても、解消すべきテーマとして、その不満とは必ず再会します。

逆に不満と徹底的に向き合い、不満に思っていた人間関係を良いものに変えることができた時には、新しい人との繋がりが与えられたりするのだと思います。

結局、人間は自由意志を与えられていると言っても、「いま」と徹底的に向き合うか、「いま」から目を背けるか、ただそれだけの二択の選択をしていくのだと思います。

不確定性を受け入れるということですね。


これからも研究発表が続きますが、沢山の氣付きを得て、それを皆さんと共有するためにできることはシンプルで、日常を良いものにしようとすること、そして置かれた環境を全身全霊で味わい尽くすことだと思います。

皆さんが面白いと思える話ができるような生活を送るよう、心掛けたいと思いました。



また来月も宜しくお願い致します。


(みらい)
posted by 不思議の会ブログ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記