2017年04月15日

広島出張

 皆さん、こんにちは。
 新しい季節が訪れまして、今年は何があるのかと期待に胸を膨らませてしまいますね。先のことにおいてもすでに楽しそうな予定がたっていますが、そんな中で先日の三月の連休に広島に行ってきました。この話は去年の六月会報の内容の続きともいえます。


 広島へ行ったのは、今回も同じ知人から施術を久しぶりにお願いされてのことでした。他にもお知り合いに声をかけて頂いて四名の方のお身体をみさせて頂きました。お一人は以前にもお会いしていましたが三名の方は初対面でした。
 ここでも不思議な縁があるなぁと思った方がお二人いました。
 一人は市民病院の内科医の先生なのですが、保江先生と氣づかずにすれ違っていたそうです。昔、岡山にいた頃に合気道をされていたそうなのですが、その練習に使用していた場所が保江先生の開かれていた道場と同じ場所で入れ違いになっていたそうです。最近になって面白い本があると知人に紹介された本が保江先生の本で、よく読むと見たことのある顔であったということで思い出されたそうです。
 以前に会報で「袖触れ合うも他生の縁」というのを書かれていたのをふと思い出しました。何かしら御縁があって繋がるのだなと思い、私もありがたいなと思いました。お医者さんでありながら保江先生の本を読まれるなど、不思議な事にも興味があるようで抵抗なくお話することができました。

 もう一人の方はヨガの先生をされている方でした。むかし二十代の頃にヨガを習ったそうですが、日本ではオウムの事件により宗教色の印象が悪かったのと、同時期にカナダで流行していたそうで、縁がありカナダで習われたそうです。
 しかし最近、自分はヨガなんてしているのに氣の感覚は全然分からないということで、氣功を習いに行かれたそうです。そこの氣功の先生がおススメして貸してくれた本がなんと横田先生の『心とからだの浄化法』だったそうです。ここでもいつの間にか横田先生のお世話になっていました。合掌。


 今回の四名の方には喜んでいただけたようで、皆さんといろんな話をしたりと楽しい小旅行のようでした。ユニークな方々でお話をするのも新鮮でした。依頼を受けて出張ということで、プレッシャーがある反面で氣づきや反省など普段の仕事では得られないような収穫がありました。自分から何か動いた訳ではないのにこうした経験が出来て申し訳ないような氣もしますが、やはり非常に有り難いことでした。何かを求めてくる人に対して少しでも自分の持ってる良いものを出せるように常に準備をしていきたいなと思います。
 こんな依頼が突然に私の所に来ること自体が想像以上で不思議な話でした。

 最後までお読み頂きまして有難う御座いました。

(会員Sさん)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記