2017年11月29日

流れに乗る

 あっという間に季節は晩秋。

 何だか、台風の多い一年でしたね。

 私は、日頃はぼーっとナマケモノのように暮らしている人間ですが、要所要所で大きく変化させられるターニングポイントもあるように感じています。逆に、どれだけ努力しても変わらないときは変わない、ということもまた実感しているわけです。

 今年の2月、丹生川上神社にはじめて参拝させていただきました。そこで感覚がガラッと変わり、これまで続けていた薬局勤務が急に苦痛になりました。と同時に、「自分のご縁に精一杯力を注いでみよう」と思えるようになり、「不思議の会事務局としても中途半端にするのはやめよう」と、その決意表明として不思議の会でスーツを着ようと決めました。その時あたりから、何故か不思議の会での仕事がぐっと増えましたが、これも意味のあることだったのだと、後になって気づきました。
 そして、六月に青森に行きました。青森はこれまで味わったことのないような素晴らしいところで、「宇宙そのもの」の空気感を十二分に体験させていただきました。
 その青森の地で、今の状況を後押しするようなきっかけがいくつも起こり、私は何の根拠もなく「薬局の仕事、もうやめよう。出版だけにしよう」とふと思ってしまいました。かなり、無謀な決断だな〜とは分かっていたのですが・・・。
 ですが、薬局に辞表を出した秋分の日、横田先生が直々にある方へコンタクトをとって下さいました(これか同じ日だったことは、後で知りました)。
 その方は、少林寺拳法の武道専門学校「禅林学園」の元理事長であり、横田先生の恩師でもある山ア博道先生です。横田先生の取り計らいにより、その山ア先生の新刊を作らせていただくことになったのです。
 同じく拳士である私にとって、山ア先生は雲の上のような存在でしたので、インタビューさせていただくだけでも震えました。緊張しすぎて、山ア先生と別れた後にぶっ倒れたこともあります(笑)
 ですが、会員Iさん、Yさん、そして主人の助けもあり、無事に九月、山ア先生の新刊『かみさまになろう』を刊行することが出来ました。

 この頃には、驚いたことに薬局で勤めていた時の収入をあっさりと超えてしまいました。いつかはそうなったらいいなあ、と漠然と思っていましたが、まさか三ヶ月でそれが実現するとは。
 頑張って、自分で考えて動いていた時には一年頑張っても全然だったのに・・・流れに乗るとこんなことになるのか、とただただ感心してしまいました。

 十月になり、業謝を受けました。
 これまで同様、やはり痛い(笑)。これは変わらないのですが、横田先生も戴冠式を終えられてパワーアップされたのか・・・感覚が全然違います。まるで、小さな風船に空気を入れすぎると破裂するみたいに、私のオチョコなみに小さな器に、大きすぎるエネルギーが流れ込んでくる感覚。
 ・・・本当に、精神が破裂するかと思いました(汗)。業謝を終えた後は、一本ネジが外れたみたいにボーッとするしかない状態です。
 業謝を終え、内面の変化が怒濤のように起こっています。特に今は、不思議の会音声の文字起こしを集中してやっていますので、ますます潜在意識は独特な感覚になっています。
 悩んでいたことが悩みでは無くなっていたり、良いことも悪いことも変化はさまざまですが、「自分で考えていることは一つもない」といつも切り替えるようにしています。
 最近は、変なことが起こることの方が当たり前になりつつありますので、常識人には戻れないような気がします。(えっ、最初から非常識でした・・・?)
 本当に、横田先生がもたらしてくださるものはエキサイティングで楽しいですね。
 来年も色んなことが、いえ、年内にもまだまだ起こりそうですが、何が起こることやら今から本当に楽しみです。

(三十代女性))
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記

2017年11月15日

早めの二〇一七年の振り返り

皆様こんにちは!一年ももう残り約二ヶ月になって、大学生活も残すところ五ヶ月となりあっという間だったなぁと感じています。

 今僕は、就職先がない状態になりました。以前会報にも書かせていただいたかもしれませんが、就活をして、五月の中頃には内定を貰っていて、その他に就職先を探していました。
 ですが、十月初めに内定先の企業を辞退しました。理由としては、内定者の研修があったのですが、その研修で交通費、食費、研修費用が全く出なかったこと、休みが平日で土日祝年末年始お盆は休みがないことでした。
 最初内定をもらった時には休みは週二日あるだけで十分だと思っていたのですが、改めて考えると就職して年末年始やお盆が休めないのは嫌だと思いました(笑)さらに研修費用が出ないとなり僕のモチベーションはさらに下がりました。

 そして、内定式は行かずに辞退を申し出ました。

 内定先からは案外あっさりと辞退を承諾され、その後再び就職活動をしていましたが、ある会社に面接を行った直後から「全然普通のことしてる、おもしろくないやろ!」と思い始めてしまったのです。そう思った先に連絡があり、面接は落ちていました。
 普通なら内定もないのに今の時期面接に落ちたら焦りを感じるところでしょうが、むしろこれから何でも出来ると思うとうきうきして一人でニヤニヤしていました(笑)

 これから何をするかはまだ決まっていませんが、やってみたいことにとりあえず挑戦していこうと思っています。何気なく生きていますが、振り返ってみると結構不思議(?)というか変なことをしているなぁと自分で自分のしていることに驚きです。
 自分が思ったりしていることは全て思っているように勘違いしていることで、その出どころを感じることを大切にしてこれから大学を卒業してから何をするかを考えていきたいと思います!
 拙い文章を読んでいただきありがとうございます!

(二十代男性)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記

2017年11月01日

夢占い

 こんにちは。
 つい先日まで暑くて、時々エアコンも動かしていたのにすっかり過ごしやすくなりましたね。秋といえば食欲の秋?!栗やお芋など、大好きなものに溢れているこの季節は、誘惑がたくさんです(笑)

 最近、正夢を見ることがよくあるな〜と感じます。
 夢の内容と実際に起こることは違うのですが、夢占いをするとこのことか!ということがあります。
 最近見たのは、私がどこかの神社にいってそこにいる巫女さんに何故かお小遣いをもらう、という夢でした。その金額には理由がある数字なのかな〜と思って夢占いをしてみると、巫女さんからお金を貰う夢は、思わぬ出費があるとのこと・・・!どんな出費になるんやろ〜と思いながら朝の支度をして、仕事に行く主人を玄関先まで見送りに行きました。
 いつも通り車に乗り、エンジンをかけて、出発した主人の車を近くで工事をしているお兄さんが止めにきました。なんだろうと思っていると、主人の車のタイヤがパンクしてペチャンコになっていたのです!
 タイヤは修理にだして、すぐに直してもらいよかったね〜と話して車のエンジンをかけると次はエンジンがかからない!(^_^;)
 またまた車は修理に出すことに。結局、原因はよくわからないまま帰ってきましたが、この時に夢占いをしたことをふと思い出しました。当たってることに驚きました。更に驚いたことに、あの巫女さんに貰ったお小遣いの金額と同じ修理代だったことです!夢占いは好きで、当たる当たらないは今まで気にしたことはなかったのですが、今回のぴったりの出来事には驚くしかありませんでした。



 次はどんな夢占いの結果になるのかな〜と楽しみにしているのですが、意識すると見た夢の内容を朝には忘れていたり、夢を見なかったりするので、それはそれで不思議だな〜と思います。

(二十代女性)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記