2017年02月09日

爽快感!

 皆さまこんにちは!そしてあけましておめでとうございます!年末年始はいかがお過ごしでしたか?
 僕はと言うと、卒業論文に向けた中間報告論文の執筆に追われていました。「空海の即身成仏思想の研究」というテーマでやっていくことになったので、まずは千年以上前の資料に目を通すことから始めて(笑)詳しい方も普通にいらっしゃると思うのですが、即身成仏というのは「その身そのままにして仏になる」という意味で、空海の密教思想を特徴付けているものです。空海は『即身成仏義』の中でそのロジックを事細かに記しており、今回はその本に目を通したのです。
 原文だけを見ても意味はほとんど理解できないのですよ。ただ、結論から先に言ってしまうと、その資料に目を通したことで、なぜか【心行一致】という言葉がものすごくホットな感覚になっていったのです。確かにそういう内容についても書かれている本ではあったのですが、それとはまた違うところで、脳内辞書に入っていただけの言葉がじわ〜っと腑に落ちていったというか・・・。
 そういう時って、とても爽快で胸の中が躍動しているような感覚になります。タイトルの「爽快感!」というのはその時の感覚です。
 この爽快感というのは「氣づきの快感」でもあると思っていて、皆さんもよく経験されていると思うのですが、僕の場合は横田先生のふとした言葉ではっと氣づかされることが多かったのです。多かったというか、ほとんどがそうです。その度に「有難きことこの上なし」と幸せを噛み締めていたのですが、まさかその時と同じ感覚を意味のわからない古文書から得ることになるなんて、良い意味で思ってもみないできごとでした。
 そしてそれと同時に「こういうどうにも説明しにくい部分から、世界は変わってきているのかな」とも思いました。「図らずとも」とか「思いもよらない」とか「なぜか、ふと」という変化も多くなってくるのではないかなと思うのです。
 年末には「一人で行くのは寂しいけれど、機会があれば行きたいな」と思っていた丹生川上神社にも、ふとしたきっかけで、会員の有志の方たちとお参りすることができました。当日、奈良の空はずっと曇っていたのですが、上社に到着して社務所で宮司さんにご挨拶させていただいた途端、すっと雲間から光が差して、元本殿が沈む大滝ダムだけがきらきらと輝いていました。
 その後はゾロ目ナンバーの車とすれ違うことも多く、図らずともナビを見間違えて進んでしまった先では、すれ違った車がなんと二台連続でゾロ目ナンバーということもありました。「今のはすごかったですね」と皆で笑い合いながら、「ああ、これは確実に龍神様にお会いできているな」と思っていました。
 その後の帰り道でも、終始「いや〜、今日は本当に良かったですね」と話していたように思います。やはりここでも「感謝」と「爽快感」しか残らないのですよね。こういう「爽快感」は、今後は良いセンサーになっていくのではないかと思っています。


 思ったことを加筆していく形で書いているので、支離滅裂な文章になってしまいましたが、昨年末はお陰様で良い形で締めくくることができました。引き続き本年もよろしくお願いいたします。

(Uさん 20代・男性)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178284306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック