2017年07月29日

夏至を過ぎて

 夏至を過ぎ、雨や雷も多くなってきたように思いますが、これも浄化の一つでしょうか。最近は非常に冴えている感覚があります。
 そんな時、とても印象的な夢を見ることが多いのです。独特な映像の夢であれば鮮明に記憶に残ります。あるいは何かしらのメッセージであれば、夢を見ている最中に「これはメッセージだから、メモしておかなければならない」とわかるのです。それで朝起きた時にメモが残っているか、その内容をぼんやり覚えています。
 以前、起きている時に読書をしているようなリアルさで、意味不明なひらがなの羅列を音読している夢を見たことがあります。そしてその数ヶ月後に修験の山に入った時、そのひらがなの羅列が真言

の一部だとわかったことがありました。そんな風に、後から現実とリンクすることもあります。
 で、今回は「これはメモしておかねば」というインパクトを受けたのですが、その内容というのが、
「その人とともに食事をすると(その人とともに時間を過ごすと)、◯◯(脳のどこか)が◯◯になる(◯◯な状態になる?)」
というもので、普段教えていただいている「人」と「場」を共有することによる影響を、生理的な反応として示されたのです。結局、朝になって目が覚めるとメモが残っていなかったため、一番重要な部分が正確に思い出せないのですが・・・。この詳しい内容自体も気になるのですが、改めて「科学的にそんなにたしかな反応があるのか」と驚かされました。



 最近は卒業後のため、狙いを定めた次のポイントに向けて準備を進めていますが、常に横田先生の言葉が心に浮かびます。「どのような人と、どのような場を共有するのか」ということ。六月の内容では「ものごとや情報には虚実があり、それを見極める審神者の眼を持つことが大切である」「頭で感じるか、肚で感じるか」ということ。
 これを受けて、さらに注意して人や自分の内面をよく観ていこうと思うと同時に、改めて「自分自身が実の世界で、実の人間として在りたい」と考えています。

(20代男性)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180209036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック