2017年09月20日

場について

 皆さん、こんにちは。今回は、不思議の会で感じていることについてです。

 不思議の会では新入会や体験で毎月のように新しく参加される方がおられますね。私は不思議の会ではいつも受付をさせて頂いていますので新規参加の方とは一番に挨拶が出来ます。また、連絡係でもあるので連絡先をお尋ねするために最後にも簡単にお話させて頂くことが多いです。
 いつもなんとなく感じていたことが、最近はより強く意識するようになりました。それは参加者の変化についてです。
 多くの方は始めは見知らぬ場所で初対面ですので、どこか緊張しているというか畏まっているような固いような印象を受けます。もちろん最初からすごく愛想よく接して下さる方もおられます。受付をしていると世間話をするような暇もなかなか無いので、簡単な挨拶だけしてすぐに会が始まるのが常です。
 そして会が終わり再び連絡先を尋ねに行きますと、とっても気さくになっておられるのです。なんとなくという感覚ですが、ここの変化の幅はすごいと感じます。

 いつも横田先生は人と場が大事だとお話しされますが、本当に実感するところであります。理解というと始めての方々ですから、そういう部分を超えて何かが伝わっているのだなと思います。
 不思議の会とは、このような素晴らしい場を共有できて本当に有り難いことだと思います。それと同時に、継続して参加させて頂いている自分は変に慣れてしまわないように、初参加の方々を見習って常に新鮮な気持ちを持ちたいと思いました。

 最後までお読み頂きまして有難う御座いました。

(30代男性)
posted by 不思議の会ブログ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181049638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック