2015年07月16日

【H27.6月】自分の在り方を整える

20150215120149(1).jpg

皆様こんにちは!
6月氣楽会の体験記です。


今月は、横田先生の身辺で起こっている様々な連鎖的現象のお話を聞かせて頂いた上で、この7月はまた大きな変わり目になっているということをお話しして頂きました。
昨年から「二極化」ということは言われていましたが、それが更に進んでいくようです。

二極化とは、創造的に生きるか、そうでないかだと私は思っています。
そして、創造的に生きるために何が重要になってくるのかは、いつも言われている「被害者意識を持たない」「素直に謙虚に」「不確定性を受け入れる」とか、その辺りに集約されているのだと改めて感じます。

その上で人との関係、協力、和と、大切なことももちろん多いですが、前提として「自分の在り方」は整えておく必要があると思います。
そして、それが結果として生じる現象や関わりを持つ人間関係など、全ての基準線になっていくのは事実だと思います。

泳げない人が人に水泳を教えられないように、何かを研究するにしても、技術を磨くにしても、形の伴っていない、口先や小手先だけの考え方・技術では何も生まれないから、まず自分自身の在り方を整える。
その結果全てが相乗的に高まっていきますし、それが創造性の発現にも繋がっているのだと思います。


私の少ない経験の中で、私が「この方の在り方は美しいな」と思った方たちには、一つの共通点があります。
それは、毎日同じことをしているという点です。

そういう方たちはとてもシンプルで、ややこしい話はしないのです。なぜなら、毎日の繰り返しでやっと分かったり、毎日続けていてふと氣づいたようなことを言葉たくみに説明しても、実際に自分で氣づかない限り、それを肚の底からは絶対に理解できないからです。私はそう思います。

では、そういう方たちが、自分のことしか考えていないのかと言うと、そうではありません。
そういう方たちには懐の深さや滲み出るオーラを感じますし、言語的なコミュニケーションを超えた深い領域で、人は感化されます。私には「背中で語る」というイメージに感じられます。

逆に言えば、実力以上に人の分まで抱えようとするのは違うだろうし、遠回りかなとも思います。
人を教えるとか、人に影響を与えるというのは結果論であって、そうであるからこそ、誰しもできることは「自分を見つめ続けること」だけだと思います。


結果の出るスピードが更に加速している今、一本筋の通った生活を送れるように心掛けたいと思っています。

(みらい・記)

posted by 不思議の会ブログ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月25日

【H27.5月】本質だけを押さえる

20150215120149(1).jpg

皆さんこんにちは!

今月の氣楽会でも横田先生から様々なお話をして頂きました。
その中で「本質を見る」というお話がありました。

本質を見る、という部分では、自分自身が未だに物事の本質を捉えられないことの方が多いように思います。
思考や感情に捉われると、視野が狭くなっていくことに気付かずに、枝葉だけを見ていた、ということがよくあります。
目で見て、耳で聴こえるこの現実が本物と思っていますが、自分の意識が選り好みしたものを、勝手に現実だと思い込んでいることもしばしばです。
幹だけ、本質だけ押さえておけばいいんだ、と教えて頂きますが、長年の思考や習慣から、ニュートラルに捉えることは難しいことです。

ムダな行動や習慣はないか?
無理ムダがないか?
ムダなエネルギーを使っていないか?

私自身、人の言葉だけに振り回されて右往左往し、ムダなエネルギーを使ってしまうパターンをよく繰り返します。現状をどうにかしないといけないと思い、ムダに動いて消耗してしまいます。
本質を捉えていれば、最小のエネルギー、最短距離で物事が運んでいくのですが、気付けばグルグル同じところを巡った挙句、進展なし、なんてことも。

しかしながら今年になってから私の気持ちの中でも、何かを変えていかなくては、変えていきたい、という思いが強くなっています。
今までの自分の思考回路や行動パターンに飽きた(笑)というところもあります。
自分自身で気付きを得ていくことがベストですが、今はまだ周りの方々の具体的なアドバイスやヒントがあって、初めて行動に移せる状態です。

上手くいってる人もいっていない人も、より良く生きたい、という思いは本能の中にあると思います。
自分はどう在りたいか、と改めて考えていきたいと思います。

(かおる)
posted by 不思議の会ブログ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

【H27.5月】宇宙の承認なくしては生じ得ない

20150215110029(1).jpg

皆さんこんにちは!

今月の氣楽会では、「形」ということについてお話しして頂きました。
どのような「形」であっても、それが生じる為には宇宙の承認が必要であるという内容でした。


「形」というのは、人間であれば、分かりやすいのは身体の形であったり、在り方であったりですね。身体が大きい人もいれば、小さい人もいますし、毎日を何となく過ごしている人もいれば、目標を定めて努力している人もいます。

また、人間関係などの自分を取り巻く環境も「形」と言えると思います。

これらが全て宇宙の承認なくしては生じ得ないと考えると、今を如何に大切にできるか、更には、そこからどう向上していくかを考え、取り組んでいく必要があると思います。



今月の氣楽会では、日記を書き始めた方や、身体を絞るために断食をしている方の研究発表が印象的でした。
そこに至るまで様々な道を辿り、それぞれがそれぞれの目的でアクションを起こすわけですが、やはり共通しているのは、元を辿れば「向上したい」という思いが発心になっていることだと思います。

ただ、そう思っていても「形」で表現していなければ、それはそう思っていないことになるのが面白いところです。


私自身、来月の発表で何か「形」にして持って行ければと思い取り組んでいることもありますが、それがどのような「形」になるのかも、とても楽しみです。

宇宙の承認は下りるのでしょうか?・・・宇宙のせいにしてはいけませんね(笑)


また来月も宜しくお願い致します。


(みらい)

posted by 不思議の会ブログ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記