2017年04月22日

小さな偶然

 たわいないお話になるかと思いますが、二日続けて丁度いい偶然が重なったお話です。

 八〜九年前から公民館でやっている体操クラブに入っています。始めは全然熱心でなかったのですが、いつか私が支える会になっていました。五〜六年後にしんどくなったので皆さんも分散してやって下さいとお願いして、今もやっています。
 クラブでいるためには公民館祭り等への協力が要ります。三月二十五日が公民館祭りの準備の打ち合わせ会で、二日ある公民館祭りのどちらの日の手伝いをするのか言わないといけないので、コーラスにも参加される方々にどちらの日の手伝いがいいのか確認の電話をしなければいけなかったのですが、二十四日に駅のホームでその中のお一人とお会いして、なんと行きも帰りも同じ電車でした。
 二十五日の会に出席した後、二十七日と四月三日の体操の会をリフォームの打ち合わせや実施で休まないといけないので、近所に住んでおられるお仲間に、会の内容の報告等を伝えてもらうためと会費を預けるために帰りにお家に行こうと思いつつ、スーパーで買い物をしてレジに行きかけて、桜エビが欲しくて魚売り場に戻ると、すぐ横の野菜売り場になんとその方がおられました。
 「やあ、帰りに寄らせてもらうつもりだったのよ」と言うと、「あら、入れ違いになるとこだったわね、ここに滅多に来ないのによかったわ」と言われました。結局一度も電話せずに、わざわざ訪ねていく必要もなく、こんな上手い偶然が重なることってあるんだなあと思いました。


 この会も二十人近くおられた時期もありましたが、今は六人で半分が八十歳以上になってしまい、来年のクラブ登録ってあるのかなあと思ってしまいます。なんか入れ替わりの激しかった時期もありますが、気に入って楽しみに来られていたのに、脊椎管狭窄症等で歩くのがおぼつかなくなったとか、膝とか首とかあちこちの不調がどうしてもあって来なくなった方たちがあり、あの方大丈夫かなあとしばらく気になったりしていましたが、直後はやつれたり、弱々しかったりされますが、一〜二年後には、老けはったなあとは思いますが、それなりにバランスが取れておられて、身心ともにうまいこと元気になりはったなあと思うことが殆どです。自分から体操習いにこようという方たちだからということもあるのでしょうが、人って案外うまいこと年老いていけるのかもしれないなあと時々思います。

(会員Yさん)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記

2017年04月15日

広島出張

 皆さん、こんにちは。
 新しい季節が訪れまして、今年は何があるのかと期待に胸を膨らませてしまいますね。先のことにおいてもすでに楽しそうな予定がたっていますが、そんな中で先日の三月の連休に広島に行ってきました。この話は去年の六月会報の内容の続きともいえます。


 広島へ行ったのは、今回も同じ知人から施術を久しぶりにお願いされてのことでした。他にもお知り合いに声をかけて頂いて四名の方のお身体をみさせて頂きました。お一人は以前にもお会いしていましたが三名の方は初対面でした。
 ここでも不思議な縁があるなぁと思った方がお二人いました。
 一人は市民病院の内科医の先生なのですが、保江先生と氣づかずにすれ違っていたそうです。昔、岡山にいた頃に合気道をされていたそうなのですが、その練習に使用していた場所が保江先生の開かれていた道場と同じ場所で入れ違いになっていたそうです。最近になって面白い本があると知人に紹介された本が保江先生の本で、よく読むと見たことのある顔であったということで思い出されたそうです。
 以前に会報で「袖触れ合うも他生の縁」というのを書かれていたのをふと思い出しました。何かしら御縁があって繋がるのだなと思い、私もありがたいなと思いました。お医者さんでありながら保江先生の本を読まれるなど、不思議な事にも興味があるようで抵抗なくお話することができました。

 もう一人の方はヨガの先生をされている方でした。むかし二十代の頃にヨガを習ったそうですが、日本ではオウムの事件により宗教色の印象が悪かったのと、同時期にカナダで流行していたそうで、縁がありカナダで習われたそうです。
 しかし最近、自分はヨガなんてしているのに氣の感覚は全然分からないということで、氣功を習いに行かれたそうです。そこの氣功の先生がおススメして貸してくれた本がなんと横田先生の『心とからだの浄化法』だったそうです。ここでもいつの間にか横田先生のお世話になっていました。合掌。


 今回の四名の方には喜んでいただけたようで、皆さんといろんな話をしたりと楽しい小旅行のようでした。ユニークな方々でお話をするのも新鮮でした。依頼を受けて出張ということで、プレッシャーがある反面で氣づきや反省など普段の仕事では得られないような収穫がありました。自分から何か動いた訳ではないのにこうした経験が出来て申し訳ないような氣もしますが、やはり非常に有り難いことでした。何かを求めてくる人に対して少しでも自分の持ってる良いものを出せるように常に準備をしていきたいなと思います。
 こんな依頼が突然に私の所に来ること自体が想像以上で不思議な話でした。

 最後までお読み頂きまして有難う御座いました。

(会員Sさん)
posted by 不思議の会ブログ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記

2017年04月08日

和の成功法則

 三月五日の不思議の会でのお話役という大役を終えて、帰り道で金比羅宮にお礼参りをして自宅にたどり着いた途端、新大阪行きの新幹線の中で読むつもりにしていて「なぜか」受け取れなかったお仕事の資料が届きました。靴を脱いだ途端、ピンポーン。みはからいとはこういうことかと、いつも感心します。
 また、先生の新刊『読むだけで龍神と繋がる本』は帰りの新幹線の中で無事読了して龍神と繋がることができました(笑)これもみはたらきだと思います。


 会では、私の今までの人生で起こった一種の「争いごと」について冒頭でお話をさせて頂きましたが、二人の人間(意識体)が争う場合、どちらかに一方的に非があるということは稀かなと思います。もしかしたら、修行の一環として難しい状況に自らを陥れるように仕組んだ場合も無いではないと思いますが、大部分は双方から発せれる衝突しあう力が争いを生むのだろうと思えます。
 横田先生のおっしゃるように少林寺拳法でも、保江先生の愛魂でも、相手をねじ伏せようとしてもねじ伏せられない。「愛」「和」の心を持って相手に臨めば、相手が勝手に倒れてくれる。言い換えれば、相手を倒そうと物凄い勢いで突進して行って、相手が「のれん」のごとく勢いを受け流す場合、自分の勢いは行き場を失い、前につんのめって、相手にぶつけようとした力は自分にそのまま返ってきてしまいます。作用actionがあるから、反作用reactionがある。Reactionがなければ、そのまま力は行き先を失って、自らに返ってきてしまうのです。
 翻って人生では、私が人と対峙して自らが傷ついたのは、思念であれ、行為であれ、自分が出したものが帰ってきたに過ぎず、相手を責めるのはお門違いだったわけです。このことに気づいてからは、過去に対立していた相手に対して、「お詫び」「お礼」の気持ちしか湧いてこなくなりました。


 横田先生が二〇一六年十一月の不思議の会でお勧めくださった『和の成功法則』を早速注文し、iPhoneとiPadに入れて、まさに二十四時間休みなくミュートでかけています。これが私の仕事の大変な助けになっています。
 買ってすぐに付属音声をデバイスに落としたものの、私の外付けDVDの操作が悪く、CDを傷つけてしまっていて、大きな雑音が入っている状態でしたが、それでもずっとかけ続けていました。自宅に帰るとHoward Willsさんから頂いた、カウアイ島の波の音にTransformational Concise Prayer Programをサブリミナルで組み込んだCDを有音でかけ、「お祓い」をミュートでかけっぱなしです。
 エジプト神旅の前に久しぶりに業謝をお願いさせて頂いて、十二月の不思議の会の前に先生のお宅に伺いました時に、音声のお話をするとすぐに横田先生はお持ちのCDを私に一枚下さって「そのままでも悪いことはないが、乱れていない音声に越したことはないので、入れ替えなさい」とおっしゃってくださいました。横田先生のおそらく氣を入れて頂いたCD、パワーが上がったように思います(また、エジプト・フランスの旅の無事を守って頂いたようにも思います)。


 これはまさに、意識界で起こっていることが現象界で再現されているのです。私一人の力では、雑音、乱れ、不調和があるものを、横田先生のオーラが見事に修正してくださって、正しき「和の成功法則」が現象界にも現れてくるのです。
 爾来、入れ替えたCDを仕事場でもミュートでかけっぱなしにしています。変化としては、現象として何かよくないこと、何があっても、「私は今何を見せて頂いていて、何を学ばねばならないのだろう」と、少しは一歩下がって考えられるようになりました。
 また、不思議の会のメンバーの池田さん(華蓮さん)からは遠隔で「大輪レイキ」を伝授して頂いて、苦しくなったら、遠隔で教えて頂いたように場を祓ったり、『和の成功法則』で紹介されていた祓いを行っています。


 場という意味では、自分の居場所を物理的に整理・配置することはとても重要で、私も風水にも則って、居場所に「和」が生まれるように心がけています。
 仕事に行く前は住まいの隅々まで毎朝拭き掃除をして、お札を頂いている神仏それぞれのところに伺った時のことを思い出しながら、仕事がある喜びをお伝えして、それぞれの神社仏閣に伺った時のことを思い出し、その日一日のお仕事の成功を祈ります。なんとなく参道のイメージをしながら祈りますので、これもある種の次元転移かも知れません。
 仕事場に着いたらまず、ミュートで「お祓い」がかかっていることを確認して、これも先生にお教え頂いたMOMOYOさんのご本に出てくる虹色の龍にお部屋の中を飛び回って頂いて、龍のエネルギーで場を満たしてから部屋の空気をマゼンタ色(愛の色)にしています。そうすると、意見が対立していた間柄でも、不思議とお話がうまくまとまっていくのです。それもきっと先生の教えのお陰で、場が、そして波動がより整っているからだと思っています。
 横田先生の『読むだけで龍神と繋がる本』は、内容の濃さに敬服しました。毎回、出席していて、メモを取っていても、自分の理解がいかに浅はかだったのかを実感します。一回伺っただけでは半分も理解できていないのです。私は引越しの時に蔵書はできる限り処分して、(それでもまだかなり数が多いため)新しいものも手元に残さないようにしているのですが、この本はスキマ時間を生かして、また何度も読み返したいと思っています。

 今日も先生はじめ皆様の場のエネルギーを頂いて、感謝にたえません。皆様のオーラと次回交流するのを楽しみにしております。

(会員Tさん)
posted by 不思議の会ブログ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記